千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2016.04.19
流山市 G様邸

流山市 G様邸 vol.3

みなさま、こんにちは。

建て方も無事完了し、建物も足場のシートでしっかり覆われました。

 

DSC02222

 

 

さて本日は各所防水工事の様子をお伝えさせて頂きます!

 

まずはこちら、サッシ部分の防水処理です。

外壁の合板も貼り終わりサッシが取りつく部分に水切りシートを取り付け、

その上からサッシが取り付けられていきます。

P1040242

 

サッシの取り付けが終わったら、透湿防水紙貼りです。

雨水などが入らないように、水下から順番に貼られていきます。

P1040268

この紙でぐるっと建物外周を貼り終えたら外壁の防水処理は終了です。

 

 

 

 

 

こちらは何やら繊維状の物が搬入されてきましたがこれは一体何の材料でしょうか。

①

正解は、バルコニーのFRP防水に使用されるガラスマットです!

 

ガラスマットをポリエステル樹脂で浸透させていくと、硬化し防水層となります。

耐水性・耐候性に優れた防水処理になっております。

②

 

仕上げに表面保護のトップコートを塗るとバルコニー防水工事の完了です!

③

 

 

 

 

 

一方屋根の方では屋根屋さんによるルーフィング張り・ガルバリウム葺きの施工が完了しております。

DSC02213

 

 

DSC00111

 

外壁・屋根・バルコニー、一通りの防水処理が完了いたしました!

これで雨が降っても心配いりませんね。

 

 

 

次回は大工さんによる内部工事の様子をお伝えさせて頂きたいと思います!

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。

2016.04.17
市原市 K様邸

市原市K様邸 vol.02

皆さまこんにちは。
今回は市原市 K様邸をご紹介します!
前回ユニットバスの施工が完了しましたが、今回床が仕上がります!

 

 

こちらはキッチンの作業風景です。なにやら木の棒がたくさん立っていますね!

③

 

 

大工さんが貼っているものは繊維強化セメント板の一種でフレキシブルボードと呼ばれるものになります。
これを450mm角にカットして貼っておりますが、木の棒は密着させる為、突っ張り棒の役目になっているものでした!

①

 

 

貼り終えた部分の様子です。最終的に塗装を行い仕上げていきます!
仕上がりが楽しみですね!

②

 

 

キッチン以外はフローリング張りです!
フローリングは無垢のパイン材で幅140mm、厚み20mmのものを使用しております。

④

 

 

床も仕上がり何やらたくさんの材料が積まれました。
こちらは壁に貼る石膏ボードと呼ばれるものになりまして、石膏ボードの上にクロスや漆喰を塗って仕上げていきます。

⑤

 

 

ボード貼りも順調に進んでおります。段々と大工工事完了が近づいてきました!

⑥

 

次回もお楽しみに!

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。

2016.04.11
流山市 G様邸

流山市 G様邸 vol.2

みなさま、こんにちは。

前回は足場組までご紹介させて頂きましたが、いよいよ本日は上棟です!

お天気にも恵まれ絶好の上棟日和となっております。

 

 

 

レッカー車もすでに準備万端のようです!

DSC02182

 

 

 

さっそく作業開始です!今日は応援の大工さんも来ていただきみんなで一気に進めてまいります。

まずは1階の柱建ての様子です。

番付通りに指定された箇所に建てていきます。

DSC02183

中央に何やら3本並んだ大きな柱がありますね。

どんな風に仕上がっていくのでしょうか。

 

 

1階の柱を建て終わったら、次は梁を組んでいきます。

下で柱を支える人、上ではめ込んでいく人、レッカー車…

みんなで声を掛け合いながら息ぴったりのチームワークです!

DSC02186

 

 

 

大きな梁を大方組み終わったら次は、細かいつなぎ梁を入れていきます。

土台と同じように90センチ角にしっかりと組みます。

DSC02188

この後は金物を締めて、建物の垂直を見て・・・とやることがたくさんです。

みなさん役割分担をして無駄のない動きです!

 

 

 

そうこうしているうちに、2階の床合板も張り終わり、2階の柱建てに入っています。

DSC02189

2階は屋根の勾配に合わせて柱がだんだん長くなっています。

今回は0.5寸勾配の緩やかな片流れの屋根のようですね。

 

 

 

そして2階の梁も組み終わり、屋根へと取り掛かってまいります。

DSC02196

垂木が並べ終わりました!

この工法はSUDOhome特有の、在来工法に2×4の垂木を組み合わせたものになっております。

この垂木の間に155㎜断熱材を敷き込んで屋根からの熱を防ぎます。

 

 

 

野地板といわれる12㎜の厚さの板が垂木の上に敷かれました。屋根もいよいよ完成が見えてまいりました!

DSC02197

大工さんによる屋根下地が終了したら、板金屋さんへとバトンタッチをし、

防水処理からガルバリウム鋼板葺きへと仕上げてまいります。

その様子は後日改めて・・・

 

 

 

屋根も無事終わり、本日の作業は終了です!

DSC02202

みなさん1日お疲れ様でした!

 

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。