千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2016.04.28
土気モデルハウス1&2

土気モデルハウス1&2 vol.04

皆さまこんにちは!

基礎工事よりご紹介しておりました「土気モデル①棟」がいよいよ明日オープンします!
今回は工事竣工までと一足お先に飾り付けを行っている室内をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

外装工事が完了した中庭部分になります。
こちらにウッドデッキを作っていきます。

①

 

 

玄関までのアプローチはコンクリート仕上げになります。

②

 

 

中庭部分にもコンクリートの土間が作られました。
ここで外構屋さんの作業は完了し、大工さんへとバトンタッチします。

③

 

 

デッキの土台となる部分が組まれました。
④

 

 

そしてデッキを張っていきます。
一枚ずつ合わせながらの加工になります。
⑤

 

 

こちらが完成したウッドデッキになります!
左側のL字型に下がった部分はクッションを敷いてソファになります。
⑥

 

 

工事が完了し、モデルオープンに向けて飾り付けを行っていきます!
⑧

 

 

では、少しだけ内部をご紹介したいと思います!
こちらはリビングに隣接した和室コーナーになります。

⑩

 

 

そしてリビング。

⑪

 

 

続いてキッチンです。
⑫

 

 

2Fホールです。

⑬

 

 

そして2F洋室。
⑭

 

 

こちらは浴室から続く外部空間のバスコートになります。
⑮

 

 

そしてリビングから続くウッドデッキ張りの中庭です。

⑯

 

 

いかがでしたでしょうか。

是非、現地にも足をお運びになってSUDOhomeが建てたお家を体感してみて下さい。

⑰

 

 

また同時に千葉県八千代市でも「Life Design Village」がスタートします!
SUDOhomeだけではなく、個性的な6社がつくった個性的な6棟のモデルハウスを一度に

ご覧になられます。是非こちらもチェックしてみて下さい!

 

現場進捗レポートは引き続きモデル②棟をご紹介して行きたいと思います。
オープン予定は5月下旬です!
お楽しみに。

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。

2016.04.26
流山市 G様邸

流山市 G様邸 vol.4

みなさま、こんにちは。

外部の雨仕舞も終わり、

大工さんによる内部工事の様子をお伝えさせて頂きます!

 

こちらは天井の様子です。

DSC00144

垂木の間に屋根面の通気を確保するための部材を入れています。

裏面にはアルミのフィルムが貼ってあり、遮熱効果もあるんです。

 

ミラスルーを入れ終えたら、その下に断熱材を入れます。

⑤

155㎜の厚みのグラスウールで屋根からの熱をしっかり防ぎます。

この上から気密用のポリフィルムを貼って屋根の断熱・気密処理の完了です。

 

こちらの写真は壁の断熱材の施工完了の様子です。

DSC02244

コンセント・スイッチ廻りには気密テープでしっかり処理がされていますね。

 

 

 

さて工事はどんどん進んでまいります!

こちらはリビングからホールの様子です。

DSC02243

天井の石膏ボード張りも終わり、フローリング張りに入っています。

それにしても、3本の化粧柱が存在感を示していますね。

こちらはどのように仕上がっていくのでしょうね。

 

 

今回はナラ材の無垢のフローリングを使用しています!

DSC02246

大工さんの手によって一枚一枚丁寧にはられていきます。

ナラの木目がいい感じの風合いをだしていますね。

塗装が完了するとさらにきれいに見えてくるのですが、それはまたのお楽しみ。

 

 

さて、今回のレポートはここまでです!

次回も大工工事の様子をお伝えさせて頂ければと思います。

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。

2016.04.19
流山市 G様邸

流山市 G様邸 vol.3

みなさま、こんにちは。

建て方も無事完了し、建物も足場のシートでしっかり覆われました。

 

DSC02222

 

 

さて本日は各所防水工事の様子をお伝えさせて頂きます!

 

まずはこちら、サッシ部分の防水処理です。

外壁の合板も貼り終わりサッシが取りつく部分に水切りシートを取り付け、

その上からサッシが取り付けられていきます。

P1040242

 

サッシの取り付けが終わったら、透湿防水紙貼りです。

雨水などが入らないように、水下から順番に貼られていきます。

P1040268

この紙でぐるっと建物外周を貼り終えたら外壁の防水処理は終了です。

 

 

 

 

 

こちらは何やら繊維状の物が搬入されてきましたがこれは一体何の材料でしょうか。

①

正解は、バルコニーのFRP防水に使用されるガラスマットです!

 

ガラスマットをポリエステル樹脂で浸透させていくと、硬化し防水層となります。

耐水性・耐候性に優れた防水処理になっております。

②

 

仕上げに表面保護のトップコートを塗るとバルコニー防水工事の完了です!

③

 

 

 

 

 

一方屋根の方では屋根屋さんによるルーフィング張り・ガルバリウム葺きの施工が完了しております。

DSC02213

 

 

DSC00111

 

外壁・屋根・バルコニー、一通りの防水処理が完了いたしました!

これで雨が降っても心配いりませんね。

 

 

 

次回は大工さんによる内部工事の様子をお伝えさせて頂きたいと思います!

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。