千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2016.05.14
流山市 G様邸

流山市 G様邸 vol.5

みなさま、こんにちは。

今回も大工工事の様子をお伝えさせて頂きます。

 

こちらは茶室になる予定の小上がりの空間です。

大工さんが下地を組んでいます。

DSC02332

 

 

フローリングも貼られきれいに仕上がりました。

DSC02337

 

 

次は階段の取付です。

ストリップ階段部分の力桁を取り付けます。

この上に踏板を取付て完了です。

DSC02342

 

 

下の階段も完成しました!

踊り場の下はリビング側から使える収納になっています。

DSC02372

 

 

そしてこちらは玄関収納です。

フローリングに合わせ家具もナラの集成材を使用しております。

DSC02363

 

 

リビングからの様子です。

片付けも終わり、これで約1か月半の大工工事が一旦終了です。

DSC02368

 

この後は、塗装・クロスと工事はまだまだ進んでいきます。

次回は各内装工事の様子をお伝えさせて頂きます!

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。

2016.05.06
はぐみの杜モデルハウス

はぐみの杜モデルハウス vol.3

こんにちは。

前回に引き続き、構造部分、完成時には見えなくなる部分を

お届けいたします。

 

P1060277

外壁の下地状況です。

構造体の柱→構造用合板(ダイライト)→透湿防水シート→通気胴縁

な状態です。通気胴縁を一定の間隔で施工していきます。

構造体と仕上げの外壁材との間に湿気や熱を逃がすための通気層をつくります。

前回、屋根の部分にもありました。

この外壁側の通気層と屋根の通気層はつながっていきます。

こうすることによって、木造住宅にとって大敵となる湿気や熱から構造体を

守ります。

 

 

P1060280外壁板張り面は、通気胴縁+横胴縁としています。

板を縦に使って張る為です。

 

 

P1060284

下地に軽量モルタルを塗っていきます。

構造体の柱→構造用合板(ダイライト)→透湿防水シート→通気胴縁→通気ラス網→軽量モルタル下塗り→軽量モルタル上塗り→ジュラクペンアート塗り仕上げと進めていきます。

こちらの写真は下塗りなので少し荒目に施工し、十分に乾燥させます。

 

 

P1060289

次に上塗りをしていきます。

 

 

P1060291

上塗りと同時にネットを入れていきます。

このネットはクラック(ひび割れ)を防ぐ大事な役割を持っています。

 

 

20160320_155538

上塗りも十分に乾燥させた後に仕上げ材を塗っていきます。

 

 

 

P1060279

モルタルを乾燥させている間に板張りを進めていきます。

無垢板の為サイズに多少クセがある場合があります。

そういったところも1枚づつチェックして確実に施工していきます。

 

 

P1060283

板張りが進み外装が仕上がってきました。

 

 

P1060329最後は木材用の撥水剤を塗装して完成です。

施工直後は白く見えますが、乾燥すると透明になります。

木を守るだけでなく、汚れの防止にも役立っています。

 

外装も仕上がり建物完成までもう少しのところまで来ました。

今回はここまでになります。

この続きはまた次回にて。お楽しみに〜

 

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。

2016.05.02

はぐみの杜モデルハウス vol.2

 

こんにちは。

前回は上棟までをご覧いただきました。

今回は上棟後の完成時にはほとんど見えなくなってしまう

構造の下地工事等についてお届けいたします。

 

 

P1060068

今回は外壁が板張りなのでダイライトと呼ばれる地震や火災に強いボードを張っていきます。

外壁杉板張り+構造用合板ダイライトの組み合わせにより防火仕様となります。

外周部へダイライトを張ることで、構造計算上、筋交いと呼ばれる斜めの木材を省略することができ、

その結果、断熱材の欠損が最低限に抑えられ断熱性能、気密性能を高めることにつながります。

 

P1060137

屋根の内側へは、ミラスルーと呼ばれる通気層を確保するための材料を

屋根垂木(たるき)の間に入れていきます。

屋根との間にできた空間を空気が通り、湿気や熱を逃がすことで建物の耐久性があがります。

 

P1060145

通気層下部へ断熱材を充填していきます。

今回、はぐみの杜モデルでは、210mm厚のグラスウールを施工しております。

(※SUDOの標準は155mm厚のグラスウールになります。)

小屋裏を設けず屋根面に直接断熱材を入れることによって室内への熱の侵入を防ぎます。

 

P1060187

断熱材を施工し終えたらオレンジ色のポリフィルム0.2mm厚を張って

屋根面、外壁面の気密性を高めます。

ポリフィルムを施工することにより、壁や屋根へ湿気の侵入を防ぐ役割があります。

ポリフィルムを張らずに施工してしまうと、壁の中で内部結露が起こり、建物を傷めてしまうため、フィルムをしっかりと隙間なく施工することが、大事になってきます。

 

P1060260

壁や屋根面にポリフィルムの施工後は、石膏ボード12.5mm厚を張っていきます。

 

P1060348

大工さんが綺麗に石膏ボードを張り終えたら次は内装工事に入ります。

まずは、凸凹している表面を平らにするため、パテ処理を行います。

石膏ボードの継ぎ目(ジョイント)部分やビスの頭を処理します。

 

P1060424

壁の仕上げに、左官屋さんがスイス漆喰(カルクウォール)を施工しています。

鏝を使用して表面を平らに塗り上げていきます。

職人技が光っています。

 

完成まであとひといき、といったところで

続きはまた次回にお届けいたします。

 

 

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。