千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2019.11.22
流山市「ナナメナリのいえ」

流山市「ナナメナリのいえ」 vol.2

皆様こんにちは!
流山オフィスSです。

12月末から2月中旬までオープンハウス開催予定の
「ナナメナリのいえ」の建築現場レポートをさせて頂きます!

第2回目は基礎工事をお送りいたします!

 

 

まずは、建物のまわりに建物の高さと配置の基準となる「遣り方」をかけていきます。

①

基礎の基準を決める大切な工程なので、現場でしっかりと確認します。

・・・ばっちりです!

 

 

その「遣り方」を目印に土を掘っていきます。

 

②

掘った部分に砕石を敷いて、しっかりと転圧をします。

 

 

③

その上に防湿フィルムを敷いて、建物外周部には「捨てコン」を打設します。
このコンクリートに「遣り方」の基準を落とし「墨出し」を行います。

 

 

それを基準にして型枠・鉄筋を組んでいきます。

④

鉄筋が一気に組みあがり鉄筋検査です。

もちろん合格です!

 

 

いよいよコンクリートを打設します。

まずは土間(床面)を打設します。

 

⑤左の生コン車から右のポンプ車へ、コンクリートをリレーのように渡して行き・・・

 

 

⑥

ポンプ車で圧送をしたコンクリートがホースからにょろにょろと出てきます!
設計図の厚みを確保できるように、事前に鉄筋に高さの基準を出しておいて、

その基準を確認しながらコンクリートを流していきます。

 

 

その後コンクリートを寝かせてから、後日立上り部分の型枠を組みます。

⑦

ばっちりです!
基礎に埋め込む金物も図面の箇所にしっかりと入っています。

 

 

その後コンクリートを流し込み、しっかりと寝かしてから型枠を外すと・・・

⑧

基礎の完成です。

建物の形状がだんだんとわかってきましたね!

 

 

第2回はこれで終了です!
次回から大工工事が始まります(^^)/

どうぞお楽しみに!!

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。