千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2019.11.15
流山市「ナナメナリのいえ」

流山市「ナナメナリのいえ」 vol.1

皆様こんにちは!
流山オフィスSです。

12月末から2月中旬までオープンハウス開催予定の
「ナナメナリのいえ」の建築現場レポートをさせて頂きます!

第1回目は着工前のお客様との打ち合わせの流れを大まかにご紹介したいと思います。

 

 

お客様からのご依頼があると、まずは敷地を確認しにいきます。

①

左にある青い看板の少し右からがお客様の土地です。

右側はコンクリートブロックに囲まれていて、お隣は畑になっています。
敷地形状が「ナナメ」になっていて奥になるにつれて間口が細くなっていきます。

左側は今は空き地ですが、既に売却されているらしく家が建ちます。

奥には古い小屋が建っていますが、解体して家が建つかもしれません。

家に囲まれる可能性が高いので、日射・プライバシーの確保が重要になってきますね!
敷地の形状のクセが強めですが、面白みの一つです。

 

 

プランニングするにあたりお客様からの資料をいただきました。

②

文字びっしりが5枚・・・
こちらが知りたいことが的確に書かれている・・・すばらしい資料です。

・家事動線の良い家
・家族が自然と集まる、明るく広く開放感のあるLDK
・認定長期優良住宅
・収納スペースの充実

というのが、いただいたご希望の代表的な項目です。

通常は「プランニングシート」というものをこちらからお渡しし、間取りの希望や、

こだわりなどをご記入いただき、それをもとに打ち合わせしてからプランを作成するのですが、

完璧な資料をいただいたので読みこんでから打ち合わせをし、プランをスタートです。

 

 

間取りはお見せできませんが、敷地の考え方の説明でこんな資料をつくりました。

③

隣地に家が建った場合に日影がどのように出るのかというのを図面化したものです。
これをもとに配置や間取りを計画しました。

その結果の間取りを今お見せできないのは残念ですが、

是非オープンハウスにご来場いただき確認してください!
「ナナメナリ」になっています!

 

 

そして1回目のご提案が終わって数日後、お客様から連絡がありました。

 

「畑に賃貸アパートが建つみたいです!!」

 

畑からアパートという、かなりのふり幅・・・
アパート側からの視線を遮ることが急務となりました。

お客様から賃貸アパートの情報を聞くことができたので、視線を遮るご提案を。

④

お庭のスペースがアパートから丸見えになりそうだったので、

1階の屋根を延長して屋根付きのウッドデッキスペース兼目隠し壁です。

このご提案を受け入れていただき、プラン決定です。

その後打ち合わせを重ね、いよいよ工事着工です!

 

 

次回は現場からのレポートを開始します!

基礎工事着工からをお送りいたします(^^)/

どうぞお楽しみに!!

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。