千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2019.03.04
あすみが丘 K様邸

あすみが丘 K様邸 vol.1

こんにちは、土気オフィスのAです。

あすみが丘より「K様邸」の現場レポートをお送りいたします。

 

本日は第1回目です。SUDOの現場の様子を少しでもお伝えできればと思います。

ぜひお付き合いください。

 

 

今回レポートさせて頂く現場はこちらの場所です。

IMG_02376mの前面道路が北側にあります。そして3方の隣地にはすでに住宅が建っている土地になります。

そして敷地の一番の特徴は…

 

IMG_0235前面道路が傾斜していることです。

東から西に向かって下り坂になっていますので、敷地の西側地盤面は道路と高低差ができています。

私が歩いてみた感じは、結構傾斜があるなと感じる位でした。

この土地にどのような建物が建つか、完成までレポートしていきたいと思います。

 

さて、写真は着工前の現場ですが、白いテントが見えます。

そしてレッドカーペットならぬブルーシートがテントまで続いています。

このテントは何の為に設営してあるのかというと、「地鎮祭」の為です。

地鎮祭とは、住宅建築の工事着工にあたり、その敷地の守護神を祀って、土地の安定と、工事の安全を祈願する儀式です。

IMG_0374-2

このような祭場を作り、神主さんが儀式を進めます。

(上記写真はk様邸ではありませんが参考として)

 

万が一雨が降っても大丈夫なようにテントを張って準備します。

準備・神主の手配等の作業はSUDOで行っております。

 

地鎮祭を行うと「いよいよ工事が始まるな」といった気持ちになり、

我々SUDOも気が引き締まります。

 

 

確認看板と仮囲い、伸縮ゲートが設けられ、

IMG_0551

 

IMG_0556-2

 

基礎が完成した状態です。

建物は西寄りに配置し、東側をアプローチとします。

IMG_0563

SUDOではべた基礎を採用しています。

床下面全体に配筋・コンクリートを施すのでより強固な家の土台が作れます。

赤や青の配管は給水・給湯の為の配管です。

グレーの太い管は排水管です。

IMG_0573

基礎の天端から出ている金物はアンカーボルトというものです。

基礎と土台、基礎と柱を固定するために配置しています。

 

次の工程は土台敷きという工程です。

IMG_0823-2

基礎の上に120角の木材が規則正しく配置されました。

 

IMG_0828-2アンカーボルトはこのように専用ナットで締め付け固定します。

 

 

家の土台となる部分が完成しました。

足場も掛かり、上棟へ向けた準備は完了です。

 

IMG_0845

 

 

それでは今回はここまでです。

ここからどんどん工事が進んでいきますので目が離せませんよ。

 

次回もお楽しみに!!

 

 

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。