千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2018.09.16
佐倉市 T様邸

佐倉市 T様邸 vol.4

こんにちは、土気オフィスのAです。

佐倉市より「T様邸」の現場レポートをお送りいたします。

本日は第4回目です。SUDOの現場の様子を少しでもお伝えできればと思います。

ぜひお付き合いください。

IMG_1365 修正

9月に入り、涼しいと感じる日も出てきました。もう暑い日はないよな~と油断していたら

急に「暑いっっ」となる日があったり…台風が次々発生して関東大丈夫かなとドキドキしたり、

安定しない天候に疲れが出る今日この頃です。

夏の疲れが蓄積した「秋バテ」なるものも最近話題ですが、体調管理には十分注意が必要な時期ですね。

皆さんもどうぞお気をつけて…

 

 

さて、話が脱線してしまいましたが、T様邸の現在です。

職人さんたちは夏も秋もバテてる暇はありません。着々と工事が進んでいます。

まずは内装から。

前回は…

IMG_1208

断熱材を入れて防湿フィルムが貼られていましたが、

 

 

IMG_1301 修正

その上に下地材の石膏ボードが貼られました。

石膏ボードとは石膏を主成分とした素材を板状にして、特殊な紙で包んだ建築材料です。

特徴としては断熱、遮音性に優れ、耐火性もあります。

石膏には約20%の結晶水が安定した形で含まれています。これはボード1枚当たり、約3kgの水を含んでいる計算になるそうです。

通常の状態ではこの結晶水が発散することはありませんが、家事などで火熱に接すると熱分解を起こし、蒸発を始めます。

結晶水がすべて熱分解して水蒸気となり、放出されるまで石膏の温度は、一定温度以上に上昇しません。

このような特徴から防火材料として認められています。

施工性も良く、家をつくるには必須の材料です。

 

 

 

ビフォーアフター。

IMG_1319 修正 IMG_1420

 

 

合板の上にも…

IMG_1327 IMG_1427 修正

石膏ボードを貼ります。

 

 

 

 

 

IMG_1421 修正

寝室にはニッチがあるようです。

最終的にどのようなニッチに出来上がるか楽しみですね。

今は大工さん必須のラジオを置かせてもらっているようです。

 

IMG_1412IMG_1415 修正

 

まだまだ暑い日でしたので、扇風機がまわっていました。

各階1台ずつでなんとか暑さをしのいでいるようです。

 

 

ここで、「おやっ」っとなった方は鋭いですね。

何だかカラフルな壁になっている…

 

もちろんデザインでこうなっているわけではありません。

なぜ色が違うかというと、グレーのボードは耐力壁用の石膏ボードを使用しているからです。

構造耐力上必要な箇所に配置しています。

 

 

 

IMG_1320 修正

 

よく見るとビスの数がすごいですね。

面材としての強度を保つため、ビスの種類や打ち付け間隔がそれぞれ細かく設定されています。

壁と天井でも決まりが違います。外周部と中央でも違いますので、決まりに合わせて施工していきます。

 

 

 

壁や天井を先にお伝えしましたが、床はすでに貼られています。

ちょっとだけですが、撮ることができました。

 

1階

IMG_1330 - コピー

 

 

2階

IMG_1317 修正

各階で種類が違うようですね。

今はまだ粉っぽいですが、最後には塗装をしますのでまた違った雰囲気になると思います。

 

 

 

大事な床を傷つけないよう養生ボードで隙間なく保護します。

IMG_1310 - コピー

 

 

 

 

 

大工さんが壁をすべて貼り終わってしまう前に電気配線や給水・排水関係の工事も進めておかなくてはなりません。

現場監督が、現場の進捗状況に合わせて段取りしていきます。

IMG_1315 修正IMG_1434

 

 

 

今回は内部を中心にお伝えしました。

次回は外部もお伝えできればと思います。

 

それでは次回もお楽しみに!!!

 

 

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。