千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2017.11.27

流山市 K様邸 vol.2

みなさま、こんにちは。

今回は基礎工事の後から上棟までの様子をレポートさせていただきます!

 

 

 

基礎工事が終わると設備屋さんの登場です。

DSC03602敷地内の雨水・排水の配管の埋設工事を行っております。

水が溜まってしまうことの無いように、決められた勾配をしっかりと確保しながらの作業になります。

 

 

 

 

設備屋さんが終わると次は大工さんの乗り込みです。

基礎の上に土台を敷いていく作業になります。

 

基礎と土台の間には基礎パッキンと呼ばれる黒い樹脂の部材が置かれます。

これは床下の通気を確保するための大事な部材になります。

DSC03606

 

そしてこちらが土台が組みあがった様子です。

90㎝角に組まれたしっかりとした土台が完成しました。

DSC03611

 

 

 

 

 

外の足場も架けられいよいよ上棟です。

この日は1日で家の躯体が出来上がります。

大工さんも集まり、レッカー車も準備万端のようです。

DSC03613

 

 

 

 

レッカーにより材料が運び込まれていきます。

迫力満点です!

DSC03617

 

 

 

 

1階の梁を組んでいる様子です。

大工さん達とレッカー車も息を合わせ声を掛け合いながら作業しています。

DSC03620

 

 

2階の梁も組み終わり、屋根材の垂木が45㎝間隔に並べられております。

DSC03658

 

 

 

外からの屋根の様子です。

DSC03656

緩やかな片流れの勾配屋根の完成です。

 

 

 

無事上棟も終わり、建物も足場のシートですっかり覆われました。

DSC03655

次回も木工事の様子をお伝えさせていただきます!

 

 

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。