千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

建築現場レポート

2016.09.19
松戸市 S様邸

松戸市 S様邸 vol.2

みなさま、こんにちは。

今回はいよいよ大工さんの乗り込みです!

 

まずは前回完成した基礎の上に土台を組んでいく作業です。

現場に搬入された木材が番付通りに配られました。

DSC02529

 

 

基礎と土台の間には、床下の通気を確保するための基礎パッキンが設置されます。

基礎と土台を緊結するアンカーボルトの部分、柱が建つ部分、土台の継手の部分の下に置かれます。

DSC02531

 

 

 

そしてこちらが土台を組み終った様子です。

90㎝角にしっかりと組まれました。

DSC02536

 

 

 

上棟も終わり、壁の下地となる間柱を建てていきます。

サッシが取りつく場所も同時に作られます。

DSC02546

 

 

 

ここから外合板を張り、サッシ部分をくり抜いて、外合板張りの終了です。

DSC02539

 

 

 

2階天井を見てみると・・・

まだ断熱材を入れていないので垂木がよく見えます。

DSC02548

45㎝間隔に並べられた垂木の間に断熱材を充填していきます。

それはまた後ほど。

 

 

さらに上に登って、屋根の上を見てみると・・・

屋根の防水、ルーフィング張りが完了しています。

これで雨が降っても一安心ですね。

DSC02549

 

 

 

さて、次回も大工さんによる内部工事の様子をお伝えさせて頂きます!

お楽しみに。

 

高気密・高断熱・自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションをお考えなら
「SUDOホーム関東」にお任せください。