千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

私らしさを表現するデザインと
四季を感じる豊かな暮らしを提案

同社の描く外観はどれも個性的なものばかり。一般的に写真のようなモダンデザインは、ややもすれば冷たい印象に。だが、どこか懐かしく親しみが持てた。それは外壁にぬくもりのある杉材を使っているから(濃い色の部分)。なお、白い外壁部分はインドアガーデンのプライバシーを保つためのもの。これにより、内部は光と風を取り入れながら完全に外と切り離されている

自由な発想と手仕事、高い性能で
五感に響き、暮らしやすい家を

「住宅展示場は同じような家ばかりでピンとこなかった」「もっと自分たちらしい家ができないかな」「住んで楽しく、快適な家がいい」。そんな家族に選ばれているのがSUDOホームだ。誰もがモデルハウスを見学して、求めていたものを見つけることができたという。確かに、どの家もありきたりではなく個性豊か。それでいて暮らしやすさや快適さも備わっている。もうひとつの特徴が手仕事のぬくもり。建具から階段、飾り棚まで使い勝手に合わせたハンドメイド。建材は体にやさしい無垢材や漆喰、珪藻土クロスなどを採用している。

のびやかな間取りも特徴。同社は北海道を拠点に頑丈で快適な住まいを供給してきた企業。関東でも26年の実績を持つ。高気密・高断熱や基礎断熱など基本性能が高い。冷暖房の効率を気にせず、自由な発想でプランを描けるのはそのため。百聞は一見にしかず。モデルハウスを見れば、ワクワクするデザインや開放感あふれる空間の心地よさを実感できるはずだ。

自然を借景として取り入れた一例。玄関の北側に大きな窓を設け、天然木の装飾を施し、森を風景画のように見せている。方角にかかわらず大開口を設けて快適に暮らせるのは、優れた断熱・気密性が確保されているから

リビングと大きな窓でつながるインドアガーデン(右)。このスペースは家の中でも外でもない中間的な領域。これにより、リビングに外からの視線が届かず、なおかつ開放感が生まれる

玄関からリビング、テラスの軒天までつながる木製の天井は、職人が角材を1本ずつ打ち付けてつくったもの。中から外へつながっていく天井の効果で外への視線が広がる

コンセプト
中間を楽しむ
インドアガーデン
外までリビングを広げつつプライバシーを保てる家が「土気モデルハウスI」。リビングから大開口でつながるインドアガーデンは壁に囲まれた半屋外空間。視線が遮られているので、外の気持ちいい風や青空を感じながら、室内のように落ち着いて過ごせる。

キッチンや収納は使い勝手に合わせてオーダー可能。自分だけのオリジナルが叶う

外観はシンプルで飽きのこないデザイン。玄関周りには天然木を使ってアクセントに。フラットに見える屋根はガルバリウム製で、ゆるやかな片流れ。雨仕舞いがよく耐久性にも優れる

キッチン近くには、子どもの学習にも使える造作デスクを提案。窓の景色が

和室は引き戸の開け閉めでリビングの一部にも客間にもなる。子どものお昼寝にも便利

家族がどこにいても互いを感じられるよう、リビングには吹き抜けと階段を設計。階段の途中にはみんなで使える書斎を設けた。これなら家族がのびのびできるし、自然と顔を合わせやすい。高い窓から入る光も気持ちいい

コンセプト
開放感と片付く収納
暮らし上手な住まい
吹き抜けやオープンキッチンを中心に、家事や子育てが楽しくなる住まい。それが「土気モデルハウス II」。室内は開放的で気持ちよく、スムーズな動線や、欲しい所に的確な収納が設けられている。また、眺めが最高なママの書斎など、サプライズも見逃せない。