千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

四季を感じながら家族とふれあう
自分らしい暮らしをデザイン

吹抜けは夏は涼しく冬は暖かい空気を家全体に行き渡らせる工夫。また、子ども部屋・書斎・リビングをつなぎ、家族がそれぞれの時間を過ごしつつも、常に互いの気配を感じ、コミュニケーションを促す役割を果たす

北海道生まれの高性能をベースに
いつでも快適でエコな家を提案

自然とふれあいながら、のびのび暮らしたい。型通りじゃなく、自分たちらしい家を叶えて欲しい。そんな家族に建築を依頼されているのがSUDOホームだ。

モデルハウスで感じたのは、とても自由なデザイン。横だけでなく、縦にもつながる空間は、実際の面積以上に広々。また、プライバシーを保ちながら光と風を上手に取り入れる工夫も見られた。同社は北海道を拠点に頑丈で快適な住まいを供給してきた企業。高気密・高断熱や基礎断熱など基本性能が高い。だから冷暖房効率を気にせず、自由な発想でプランを描けるという。

手作りや自然素材のぬくもりも特徴。建具から階段、飾り棚まで使い勝手に合わせたハンドメイドだ。建材は体にやさしい無垢材や漆喰、珪藻土クロスなどを採用している。だから、新しいのにどこか懐かしく、木陰のような心地よさが感じられる。これから蒸し暑くなる季節。ぜひ、公開中の4つのモデルハウスを訪ねてほしい。個性的な空間と居心地の良さを実感できるはず。

南側に突き出した柱や梁は、日差しをコントロールするための仕掛け。ここにゴーヤなどを絡ませてグリーンウォールをつくれば、夏は日差しが遮られ、涼を招ける。冬は枯れるので、温かな日差しを取り入れられる。後付けではなく、住まいと一体設計なので視覚的にも美しい

長く暮らすほど愛着の深まる自然素材、オリジナル造作もこだわりポイント。キッチンは北海道産杉の積み木細工。ミルフィーユのような木目がオシャレで、ママたちから人気だという

グリーンウォールは近隣からの視線も遮ってくれる。ウッドデッキと組み合わせれば、自宅で気兼ねなくオープンカフェやビアガーデンを楽しめる。植物の成長が待ち遠しい

表札は天然木と金属を組み合わせたオリジナルデザイン。玄関ドアは木製の断熱タイプ

外壁の一部に木を使い、木材保護塗料も天然素材ベースで人や環境にやさしいものを採用

外観はいくつかの箱を積んだようなデザイン。白い外壁の内側には、プライバシーが保たれたインドアガーデンが広がっている。外部からは完全に切り離され、玄関脇にある専用の扉(鍵付き)からしか中に入ることはできない。こうしたモダンな外観は冷たい印象にもなりがちだが、不思議と親近感が持てるのは、外壁に杉材を使っているからかもしれない

周辺環境を最大限に活かすのも同社らしさ。この敷地は北側に美しい森が広がっているので、それを借景として取り入れる窓を設けていた。しかも、景色を風景画のように見せるため、窓まわりを額縁のように装飾している

天然木がふんだんに使われた室内は湿度が抑えられていてさわやか。温度差も少なく快適

玄関からリビング、テラスの軒天までつながる木製の天井は、職人が角材を1本ずつ打ち付けてつくったもの。中から外へつながっていく天井の効果で外への視線が広がる

インドアガーデン。見上げれば無限の吹き抜けである空が見えて気持ちいい。壁(塀)で囲われているので、プライバシーが保たれ、外でありながら落ち着いてくつろげる

玄関収納もたっぷり。左手の壁は天井までの収納。窓下、窓上の壁もすべて収納

キッチンはオリジナルデザインを職人が丁寧に造作したもの。背面の壁はフレキシブルボード(繊維強化セメント板)を使用。無機質な素材と木の組み合わせが、互いの良さを引き立てあっていた。なお、キッチンや収納は使い勝手に合わせて自由にオーダーできる

このアングルから眺めると、リビングからインドアガーデンへのつながりがよくわかる。インドアガーデンは建物の中でもなく外でもない中間的なスペース。これがあることでリビングにも外からの視線が届かないので、カーテンは不要。また、軒が深いため、夏は日差しが室内に入らず、太陽が低い位置にある冬だけ日差しが入る。環境と共生し省エネ性能にも優れた設計だ

コンセプト
中間を楽しむ
インドアガーデン
外までリビングを広げつつプライバシーを保てる家が「土気モデルハウスI」。リビングから大開口でつながるインドアガーデンは壁に囲まれた半屋外空間。視線が遮られているので、外の気持ちいい風や青空を感じながら、室内のように落ち着いて過ごせる。

外観は安定感のある水平基調のデザイン。屋根はフラットに見えるが、ゆるやかな片流れ屋根で雨仕舞いがいい。屋根材はガルバリウム鋼板を採用。視覚的な美しさと耐久性を考慮した賢い設計といえるだろう。玄関まわりには天然木を使い、ダークカラーと白い外壁とのコントラストにより、奥行き感を生み出していた

オープンキッチンは吹き抜けや階段に目が届くレイアウト。また、北側の窓からは森の景色を楽しめる。なお、この家は蓄熱暖房機(手前)で吹き抜けから2階まで暖かくなるという

窓によって切り取られた景色が、まるで一枚の絵のような2階の書斎コーナー

リビングには吹き抜けと階段を設計。階段の途中にはみんなで使える書斎を設けた。これなら家族がのびのびできるし、自然と顔を合わせやすい。高い窓から入る光も気持ちいい

コンセプト
開放感と片付く収納
暮らし上手な住まい
吹き抜けやオープンキッチンを中心に、家事や子育てが楽しくなる住まい。それが「土気モデルハウス II」。室内は開放的で気持ちよく、スムーズな動線や、欲しい所に的確な収納が設けられている。また、眺めが最高なママの書斎など、サプライズも見逃せない。

室内は体に優しい素材を使用。壁は空気清浄や調湿作用のある漆喰仕上げで、床は無垢材

基礎部分は玄関や外部収納を兼ねている。基礎は少し高いが平屋なので全体的に背が低く、背景の森に溶け込みやすい。オーバーハングしたところは、普段は駐車場として使い、クルマを出せばバーベキューなど外遊びを楽しめる

コンセプト
環境に調和する
意味のあるデザイン
森に溶け込む平屋として設計されたのが「季美の森モデルハウス」。敷地の高低差を利用し、低い部分で建物が空中に浮かぶようなデザインにすることで、奥の森が見えるようにしている。下側に向けた間接照明によって、浮遊感を強調するなど遊び心も加えた。