千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

家族らしく、心地よく豊かな毎日を
デザインと性能の両面から探求

緑豊かな周辺環境に溶け込むよう、背の低い平屋として設計。敷地の高低差を利用し、低い部分で建物が空中に浮かぶようなデザインにして、奥にある森が見えるようにしている。下側に向けた間接照明によって、浮遊感を強調するなど遊び心もプラス

暮らしに寄り添うデザイン
自然素材にひと手間かけた造作

ありきたりではなく、自分たちらしい家を建てたい。それに、もっと心地よく、安心して暮らせる家がいい。もし、あなたにそんな思いがあるなら、SUDOホームを検討してみよう。なぜなら、どの建築実例にも新鮮な驚きがあり、それでいて実生活に根ざした住み心地や、期待以上の快適さが備わっているからだ。

同社は家族ごとに異なるこだわりや、言葉にならない思いまでも丁寧に汲み取り、プランに反映している。また、多くの家族から好評なのが、ハンドメイドのぬくもり。建具から階段、飾り棚まで間取りや使い勝手に合わせたオリジナル。建材は趣があって体にやさしい無垢材や漆喰、珪藻土クロスなどを採用している。興味深いのは、こうした自然素材に、ひと手間かけていること。たとえば、外壁に使う杉板などは、貼り方や塗り方を工夫することで、その家らしい独自の個性を表現している。つまり、職人気質のものづくりで、一邸一邸、愛着の深まる住まいを生み出している。

「大きめの平屋でも家の中心部まで明るく、風通しよく過ごしたい」。そんな狙いで設けたのが、写真右手前の中庭。これにより、リビングはもちろん、洗面や階段ホール、北側のプレイルームなどにも自然光が行き届くように

環境と調和するデザインも、SUDOホームが得意とするところ。この敷地は南側に森が広がっているので、LDKをすべて南側に配置。大きな窓やデッキを設け、季節や時間で表情を変える木々を楽しめるようにした。逆に、住宅密集地などでは、中庭やフェンスで明るさとプライバシーを両立させるなど、それぞれの環境にベストなプランニングを行っている

玄関周りから手仕事のぬくもりが感じられた。ガレージは無機質にならないよう、コンクリートの床に玉砂利を使い、天井には北海道産の杉材を施工。郵便受けは壁埋め込み式に

道路などに面した窓は、目線が合いにくいよう、小さく設計。けれど、暗く味気ない感じにならないよう、光が充分に行き渡り、インテリアとしても美しい配置を工夫している

室内は体にやさしい素材が。壁は空気清浄や調湿作用のある漆喰仕上げで、床は無垢材

景観を活かすため、LDKには構造上可能な限りの大開口を設けているが、真冬の朝晩も室内はとても暖か。それは、コンクリートの基礎に温水パイプを埋設して家全体を温める蓄熱全館暖房や、高断熱・高気密の構造のおかげ。窓も断熱性に優れたトリプルガラスサッシを採用

それぞれの家族に合わせて提案する
世界に一つのオーダーメイドハウス

純和風の家を二世帯住宅に建て替えたKさん。外観はゆるやかな屋根と深い軒で和の趣を残しつつ、今の暮らしに合った和モダンの住まいとすることに。外壁材には杉材を採用した。格子のように並んだ細い柱は、プライバシーを保つ役割も果たしている(K氏邸)

周囲の豊かな自然と共鳴する、おおらかで美しい大屋根のシルエット。外壁には杉板張りをアクセントとして用いた。縁側のように長く伸びるウッドデッキは、室内と外部をゆるやかに繋ぐ役割も果たしている(施工例)

表情豊かなスイス漆喰の塗り壁とレンガタイル張りの外観。タイルの目地にも漆喰を用い、細部の質感にもこだわった。玄関ポーチのダイナミックな吹き抜けが、内部への期待を高める(S氏邸)

北向きの敷地の特長を活かして玄関側は開口を最小限に抑えたミニマルデザインに。建物は南に向かって開くコの字の形状で、外観からは想像できない開放感にあふれている(O氏邸)

同社が目指すのは、暮らすほど愛着の深まる住まい。だから、工業的な大量生産の感じではなく、自然素材を職人が活かす、その家だけのオリジナルを大切にしている。実際に建てられた住まいを拝見すると、階段や建具、収納、飾り棚、キッチン、洗面など、そこかしこに手仕事のぬくもりが感じられた(写真はすべて施工例)

あるものはガルバリウム鋼を前面に出していて、あるものは無垢の杉材をまとっていたりする。また、昔の蔵を思い出させるデザインもあれば、北欧モダンもある。同社では住まい手の思いを形にしつつ、敷地周辺の風景にいかに調和するかを熟慮しながらデザインするという(写真はすべて施工例)

北海道でも快適に過ごせる性能で
もっと自由に、エコな暮らしを

北海道では厳しい寒さのため、一度室内が冷えると、暖めるために長い時間とエネルギーが必要。そのため、SUDOホームでは過酷な環境下でも外気温の影響を受けにくく、室内の快適な温度を長く保てる高断熱・高気密の構造を標準仕様としてきた(写真は北海道の同社施工例)

自由で快適なプランを提案できる
北海道育ちの高気密・高断熱住宅

吹抜けやオープンスペースなど、自由な発想で空間をデザインできる上、一年中心地よく過ごせ、光熱費を削減できるのも、SUDOホームの特徴。その背景には、厳しい気候の北海道で開発された高断熱・高気密や基礎断熱の技術が存在する。

同社のルーツは、今から約100年前。宮大工の初代が棟梁として、北海道で寺院や神社などの建築に携わったところまで遡る。その後「北国の生活を豊かに、快適にしよう」と一般住宅の開発に着手。高気密・高断熱住宅の第一人者であり、現在は一般社団法人新木造住宅技術研究協議会(新住協)の代表理事を務める室蘭工業大学名誉教授・鎌田紀彦氏との共同開発により、高気密・高断熱住宅をつくりあげた。

そして「優れた住まいを関東エリアにも普及させたい」という思いから、2004年に関東エリアにも進出。驚くのは、その時点ですでに2020年の新築住宅の省エネルギー基準に適合するほど高いスペックを実現していたこと。だからこそ、オープンな間取りと快適性、経済性を併せ持つ住まいが叶えられるのだ。

百聞は一見にしかず。同社には、写真でも紹介した個性豊かなモデルハウスや施工例がたくさん。実際にいろいろ見比べれは、家づくりの参考になるはず。また、新しいモデルハウスも続々オープンするので、ぜひご家族でご見学を。

同社の施工例は、玄関とリビングがドアなくつながっていたり、リビング階段や吹抜けが設けられていたり、とても開放的。それでいて、家中が快適で省エネルギー。高断熱・高気密の構造は、プランニングの自由度にもつながっている(写真は千葉県の同社施工例)