千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

冬でも裸足で過ごせる快適さ
子どものびのび光熱費も削減

《家族構成》夫婦+子ども2人 
《延床面積》104.29㎡(31.5坪) 
《敷地面積》188.00㎡(56.8坪)
《工法・構造》木造軸組 
《竣工年月》2015年9月

南側からの眺め。モダンな外観には環境の変化に柔軟に対応する工夫が盛り込まれていた。たとえば、深い軒や斜めにせり出した東側の壁面。これは、夏の高い陽射しを遮り、冬の低い陽射しを取り入れられる「深さや角度」を緻密に計算した結果だ

室内は足腰に優しいパイン材が。素足に心地よく、子どもたちは寝転んで遊んでいる

玄関に設けられた吹抜けと大きな土間。ここも陽射しと蓄熱暖房で、真冬でも快適

屋根には太陽光発電を採用。オール電化との相乗効果で光熱費が減ってうれしいそう

シンプルモダンなデザインに、木製の玄関ドアやデッキを組み合わせ、ぬくもりをプラス

Q
完成した家の特徴は?
A
ユニークな外観は夏の高い陽射しを遮り、冬の低い陽射しを取り入れる工夫。太陽光発電や蓄熱暖房で、快適さと経済性を両立しています。パイン材の床や漆喰の壁など自然素材も特徴です。
Q
住み心地は?
A
基礎全体が蓄熱暖房で暖められているので、家中が足元からポカポカ。パイン材の優しい感触も手伝い、冬も裸足で過ごせるほど。夏や梅雨の時期は、漆喰の調湿作用でひんやりさわやかです。