千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

自然や家族を身近に感じる住まいを
ハンドメイドで丁寧に仕上げる

環境と調和し、四季折々の風情を感じられる住まいを提案するSUDOホーム。家族の思いに寄り添い、一邸一邸、丁寧なオーダーメイドで応える。I氏邸の水平基調のスタイリッシュな外観に、温かみを添えているのは北海道産の杉材。モダンな雰囲気の中に素朴さを巧みに融合させている。

北海道生まれの高性能をベースに
自由で快適なプランを提案

「ありきたりじゃなく期待以上のプランを提案してほしい」「もっと自分たちらしい家を建てたい」。そんな家族に支持されているのがSUDOホームだ。

確かに、どの建築実例やモデルハウスも個性的。それでいて暮らしやすさや快適さも備わっている。もうひとつ感心したのが、手作りのあたたかさ。建具から階段、飾り棚まで使い勝手に合わせたハンドメイド。建材は体にやさしい無垢材や漆喰、珪藻土クロスなどを採用している。

開放感あふれる間取りも特徴。同社は北海道を拠点に頑丈で快適な住まいを供給してきた企業。関東でも26年の実績を持つ。高気密・高断熱や基礎断熱など基本性能が高い。だから冷暖房の効率を気にせず、自由な発想でプランを描ける。

ぜひ一度、モデルハウスを訪ねてみてほしい。写真や文章以上に、手仕事のぬくもりや、家族がふれあえるオープンな間取りの心地よさ、わくわくするデザインなどを実感できるはずだ。

傾斜した敷地を活かすため、家を独自の基礎で支え、迫り出すようなカタチに。下側を駐車スペースとして活用している。また、見晴らしのいい2階にバスルームが配置されている。縦格子や壁でプライバシーを保ったバスコートも設けられ、ちょっとした露天風呂気分を味わえる。家族みんなが楽しめる住まいが叶ったという。

玄関土間は広く、モルタルに墨を混ぜて和の趣を演出。玄関周りが片付く大型収納も実現。

古民家のような趣も感じさせるワイドな縁側と深い軒。四季の庭を眺めながらくつろげる第二のリビングが生まれた。

キッチンは左右どちらからでも入れるスタイル。SUDOホームの家づくりでは、インテリアの細部までオーダーできる。キッチンにはお気に入りのタイルを貼り、植物や小物を飾れるニッチを造作。ダイニングテーブルも、家族の希望とインテリアに合わせてつくった一点物だ。

キッチン背面にある書斎。窓の外には和の庭が広がり、癒しの空間にもなっている。

木の香る子ども室は夢のある雰囲気。ハシゴで登るロフトは隠れ家のよう。

TVボードもオリジナルで愛着が湧きそう。壁面には杉無垢材や漆喰を、床はナラの無垢材を採用。これらには調湿作用がある。自然素材をふんだんに取り入れるのも同社らしさの一つ。

LDKは約30畳のオープン空間。ビングはソファーを置かず床座でくつろげるように、畳をフラットに埋め込んでいる。キッチンから縁側や庭まで見渡せ、のびのび走り回る子どもたちを見守れる。階段もリビング内に設けたので、顔を合わせやすい。

リビングとつながる主寝室。壁面がすべて杉の無垢材なので家にいながら別荘のよう。