千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

ふれあいと開放感あふれる住まいを
手仕事や自然素材で丁寧につくる

外観は広々とした敷地に似合うよう、ゆるやかな屋根と軒の深い設計に。外壁材には、庭の緑とも相性のいい杉材を採用。格子のように並んだ細い柱は、外観デザインのアクセントであり、プライバシーを保つ役割も果たしている。

想いに寄り添うハンドメイドの家。
北海道生まれの快適さも魅力。

もし、あなたがSUDOホームに興味を持ったなら、まずモデルハウスや建築実例を見学してみよう。それぞれが、とても個性的だし、住み手の暮らし方に寄り添って設計されていることがわかるはず。

もうひとつ気付くのが、ハンドメイドのぬくもり。建具から階段、飾り棚まで間取りや使い勝手に合わせたオリジナル。また、建材は趣があって体にやさしい無垢材や漆喰、珪藻土クロスなどを採用している。さらに、開放感あふれる間取りもポイント。同社は北海道を拠点に頑丈で快適な住まいを供給してきた企業。関東でも26年の実績を持つ。高気密・高断熱や基礎断熱など基本性能が高い。だから冷暖房の効率を気にせず、自由な発想でプランを描ける。

「住宅展示場をいくつも回ったけれど、ピンとこなかった」「ずっと好きでいられるような住まいがいい」「個性的なだけじゃなく、快適さや経済性にもこだわりたい」。そんな家族に支持されているというのもうなずける。

多方向に配置した窓から自然光が入るLDK。オープンな間取りでも冷暖房がよく効き、光熱費を抑えられるという。同社が北海道で磨いた高断熱・高気密の構造が備わっているからだ。

来客が多いことから、玄関はゆったりと設計。これなら大勢の出入りもラクだし、ゲストをここでもてなすことも可能。奥にはたっぷりの玄関収納があるので、玄関周りがスッキリ。

LDKは20畳のオープンスペース。その内、8畳分が吹抜けなのでタテにも開放感いっぱい。これなら家族がどこにいても顔を合わせやすく、気配を感じられるだろう。家具のようにインテリアに調和している階段は、下側を収納として余すところなく活用。大きさの違う引出しや引戸収納、扉収納を設けて、必要なモノを整理整頓しやすくした。

オープンキッチンには業務用の設備を採用し、カフェの厨房のような趣と使い勝手を実現。

間取りに合わせて飾り棚や収納、デスクスペースなどをつくってもらうことができる。既製品の家具を買うよりも使い勝手がいいし、なにより家に調和することが魅力だ。

実例
ほどよい距離感の
和モダン二世帯住宅
純和風の家を二世帯住宅に建て替えたKさん。「敷地が広くて庭もきれいに手入れしていたんですね。ですから建て替えても、愛着のある敷地環境に似合う家にしたいと考えました」。そこで和の趣を残しつつ、今の暮らしに合った和モダンの住まいを設計することに。外観で工夫したのは、日本の伝統的な家のように軒を深くしたこと。ゆるやかな屋根勾配にして、ゆったりした敷地に調和するデザインにしたことだ。そして間取りで工夫したのは、完全分離型の二世帯住宅としながら、ほどよい距離感を叶えたこと。子世帯の玄関を広く取って、一緒に来客をもてなせるようにしたり、行き来ができるようにした。また、家の形をL字型にすることで、庭を挟んで互いの気配を感じられるようにしている。