千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

ありきたりではなく手仕事と素材を
大切にした個性あふれる家を提案

Tさんの家は空間をヨコだけでなくタテにも活かしたプラン。フロアを5層に分けて、短い階段でスキップするように行き来できる。フロアは分かれているけれど、壁で仕切られていないので、どこにいても家族を身近に感じられるだろう。

家族や自然とふれあうプラン
北海道生まれの快適さもポイント

「住宅展示場を回ってみても、あまりピンとこなかった」「ずっと好きでいられるような住まいがいい」「個性的なだけじゃなく、快適さや経済性にもこだわりたい」。そんな想いを持つ家族に支持されているのが、SUDOホームだ。

なぜなら、それぞれの家族の思いや敷地に最適な一邸をデザインしているから。また、既製品にはない手仕事のぬくもりや、心と体にやさしい自然素材を大切にしているから。建具や階段、収納や飾り棚などは要望や間取りに合わせたオリジナル。建材は趣があって体にやさしい無垢材や漆喰、珪藻土クロスなどを採用している。

開放感あふれる間取りもポイント。同社は北海道を拠点に頑丈で快適な住まいを供給してきた企業。関東でも26年の実績を持つ。高気密・高断熱や基礎断熱など基本性能が高いので、冷暖房効率をあまり気にせず、自由な発想でプランを描ける。その心地よさやセンスはモデルハウスで実感できるので、ぜひ一度みんなで訪ねてみよう。

外観はモダンでありながらぬくもりを感じるデザイン。北海道産の杉を貼った壁面は、外観のアクセントになっているだけではない。バルコニーのプライバシーを保ったり、自転車など外使いのモノを隠して見栄えをよくする工夫でもある。

キッチンに対してリビングが1mほど高い。だから、キッチンに立った目線とリビングのソファーに座った目線の高さが合いやすい。なお、リビングの床下は収納として活用されていた。

リビングの下には高基礎を活かした収納が。これは開放的な間取りでスッキリ暮らす工夫。

ここから眺めると吹抜けと架け橋のような階段で各フロアがつながっていることがわかる。

どこにいても視線が遠くに届く。バルコニーもリビングの一部として楽しく使える。

南側(右)には隣家が迫っているため、高い位置に窓を設けて光を充分に取り入れている。

家事や勉強に使えるデスクコーナー。間取りに合わせて建具や家具をオーダー可能。