千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

五感に心地よく環境と調和する家を
それぞれの家族に寄り添って提案

奥行のある敷地の約半分は建築制限があり、両隣りに隣家が迫っていた。そこで、家と塀に囲まれた中庭を設け、プライバシーを保ちながら、気兼ねなく戸外を楽しめる設計に。中庭はLDKのどこからでもアプローチでき、どこにいても視線が遠くに届いて気持ちいい

自然素材を活かした
ハンドメイドで
唯一無二の住まいを

どのモデルハウスや建築実例も個性豊かなSUDOホーム。それらは単に美しさや独自性を狙ったものではない。約百年前に北海道で創業した同社が脈々と培ってきた「快適な性能」と「暮らしやすい設計」に裏付けられたもの。大切にしているのは、それぞれの家族が思い描く理想であり、敷地の置かれた環境に調和する家だ。
写真のM邸は住宅街でも気兼ねなく庭を楽しみたいという思いに的確に応えたもの。中庭や吹抜けを設けて開放感とプライバシーを両立。どんな空間でも快適さが保てるよう、全棟で温熱計算を行い性能を数値化することにも取り組んでいる。また、自然素材を活かした手仕事も同社らしさ。見て触れて、空気の質や静寂さまでも愛せる家づくりを目指している。こうした魅力は写真だけでは伝わりにくい。ぜひ、随時開催のオープンハウスで確かめてみよう。

吹抜け上部のホールは、東南の光まばゆい空間。ここは共働きのご夫妻が、洗濯物を室内干しできるように配慮したスペースだ。アイロン掛けができるカウンター収納も造作している

中庭にはデッキと一体設計のソファー。友人を招いてバーベキューを楽しんでいる

リビング階段+吹抜けによって、縦方向にものびやかさを実現。こうした開放的な空間でも断熱・気密性がしっかり確保されているので、省エネで快適に過ごせるという。なお、LDKの壁は漆喰仕上げで床はオーク無垢材

2階のホールにはデスクを造作。子どもたちが部屋にこもらず勉強することも可能

プライバシーを保つための塀は外観のアクセントになるようデザイン。北海道産の杉を使ったり、高低差を持たせることで、やさしい表情を生み出し、ご近所に圧迫感がないように配慮している

塀には2つの開口部を設けて、玄関にも中庭にもアプローチしやすくした。迷路のような雰囲気が来客にも好評だとか

子ども室は今は広々使い、将来2つに仕切れるよう工夫

見晴しがよく音楽を楽しめる趣味スペースも実現