千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

HIGH QUALITY×BUILD 2017 に認定されました!

HIGH QUALITY×BUILD(ハイクオリティビルド)とは、工務店によって質の高い設計・施工がなされ、デザインセンスに優れた日本各地の住宅を認定するものです。主に、モダンリビングの下田結花氏がインテリア・外構などデザイン的側面を、建築知識ビルダーズの木藤阿由子氏が設計・施工のハード的側面を検証。30項目に及ぶポイントを高いレベルでクリアした住宅を「ハイクオリティビルド」と認定しています。

今回の認定を受け、雑誌「建築知識ビルダーズ 2016 No.27」「モダンリビング 232号」、ウェブサイト「モダンリビング」で紹介されています。

森の中に浮かぶ家

《敷地面積》365.58㎡ 
《延床面積》194.6㎡ 
《家族構成》3世帯+愛猫
《所在地》千葉県大網白里市 
《構造》RC造+木造 
《施工エリア》千葉県全域

南側に大きく開放した心地よいLDK。反射光が明るく照らす真っ白な壁や天井は、スイス漆喰「カルクウォール」。アルプスの石灰岩100%を原料とし、清浄な空気を保ち、湿気をコントロールする。

森の風景に調和した
素朴な“木の箱”で暮らす

木々に溶け込む杉板張りの家。敷地の高低差を生かし、片持ちにして宙を浮かせた住宅は、素朴な木のハコとして風に吹かれながら森の風景に馴染んでいる。

この住宅は「3世帯と愛猫の暮らし」に向けてつくられた。手がけたのは、北海道で厳しい自然環境に耐え得る高気密・高断熱住宅の提供を続け、現在は関東でも展開する須藤建設。創業100年のノウハウを生かした「デザイン性と機能性を両立した家づくり」が特長で、この家も、耐震等級2、温熱環境は改正省エネルギー基準の2倍強という高性能を誇りながら、“宙に浮かぶ杉板打ち放し”という、モダンなデザインを実現している。

地盤が低い西側は、RC造で地下のエントランスを兼ねたガレージとし、その上に木造の“ハコ”を載せた。1階中央にはデッキから外に出られるオープンなLDKを据え、両端に細長い20畳の部屋を配置。ここを各家族が家具で仕切って暮らす。リビング北側に配した中庭は、家族と猫が集う場となる。床はナラ材のフローリングで壁や天井は漆喰塗り。自然素材に包まれ、木立を眺めて暮らせる癒しの住まいだ。

遊歩道から見ると、リズミカルに開いた正方形の小窓が印象的。室内からは住宅街も見えるため、視線の抜ける部分に絞って小窓をとり、風景画のようにしつらえた。

デッキが外部との緩衝地帯に。

デッキ材は耐久性の高いレッドシダー。周囲の自然に馴染む外壁は、北海道産の杉板17mm厚に木材保護剤のウッドロングエコ塗り、一部ラスモルタルにカルクウォール塗り。

南西に配した子供のベッドスペース。ライフスタイルに応じて家具で間仕切り、フレキシブル過ごす。この家は、床下に蓄熱式床暖房を配置。外断熱で覆った基礎に温水の配管を回し、その上に蓄熱層のコンクリートを敷設。ヒートポンプ式で効率よく暖まる。

片持ちのガレージは、バーベキューなどさまざまに使える。

リビングのテレビ台背面は、奥さまのためのコーナー。

デッキとの出入りは、掃き出し窓かキッチン近くにあるドアから。キッチンを通り抜ける動線で、廊下を省いた無駄のないプラン。

リビング北側で壁に囲われた中庭のテラスは、愛猫と家族が戯れるゾーン。ここで猫にごはんをあげたり、光と風を浴びながらくつろぐ。

ご夫婦は「景色を眺めながらラフに暮らしたい」とシンプルな家具をセレクトした。椅子は屋外でも使えるジャスパー・モリソンの「エアアームチェア」。ダイニングとリビングのテーブルはスティールの脚にナラ集成材を載せて造作した。

『ハイクオリティビルド 認定物件ページ』から抜粋