千葉・東京で高気密・高断熱・自然素材の注文住宅ならSUDOホーム関東へ!

掲載情報

環境に調和し、四季を感じる家を
自然素材と手仕事で創り上げる

写真はすべてM氏邸。この敷地は南、東、西側を建物に囲まれていた。ご家族が望んだのは明るくプライバシーが保てる住まいだ。そこで、SUDOホームが中庭のある平屋住宅を提案。一番日当たりのいい敷地中央に大きな中庭を設け、プライバシーを保ちつつ明るさと開放感を実現した

家族それぞれに最適な
住まいを提案し続けた
創業100年の歩み

もしも「ありきたりでなく、自分たちらしい家をつくりたい」と考えているなら、SUDOホームに相談してみよう。なぜなら、どの建築実例やモデルハウスにも新鮮な驚きがあるから。そして、敷地の環境を最大限に活かし、実生活に根ざした使い勝手や心地よさを叶えているからだ。たとえば、写真で紹介しているM氏邸は、敷地の制約を、プランニングの力で魅力に変えた平屋住宅だ。

同社は来年、創業100年を迎える。その歴史は、家族のこだわりや言葉にならない思いまで形にしてきた連続だった。大切にしてきたのは自然素材を活かした手仕事のぬくもり。建具から階段、飾り棚まで間取りに合わせたオリジナル。職人気質のものづくりで一邸一邸愛着の深まる住まいを生み出している。そのセンスや匠の技はモデルハウスでリアルに観察できるので、一度訪ねてみよう。

中庭は単純な凹型ではなく、建物を中庭に向けて何重にも折り曲げて、奥行き感や中庭との一体感を高めた。この設計は風が建物内を回転して効率よく流れるメリットも

外観の東側は、外から中の開放的な空間が想像できないデザインを目指し、窓を一切設けていない。だが、窓というアクセントのないファサードは無表情なものになりがち。そこで、直線と斜線を組み合わせ、壁面に豊かなリズムと奥行きを生み出した

子ども室も明るく開放的なスペース。中庭を通してキッチンのママと目があう

絶妙な軒の出により、冬は陽射しをリビングの奥まで取り入れ、夏は遮る

料理中にも子どもの勉強を見守れるよう、キッチンにスタディーコーナーを設計